韓国語をマスター|初心者向けの教材から勉強しよう

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

意識が必要

旅行鞄

英語を勉強する方法として留学がありますが、留学先はたくさんあります。セブ島留学は英語を勉強できる上に観光もできるのです。勉強もしたいけどのんびりリフレッシュしたいと思うのであればセブ島がいいです。日本人も多いので、そこまで海外に来たという感覚はないかもしれません。しかし、日本人が多いということは困ったときに簡単にお願いすることができます。セブ島留学の期間は1週間からありますが、短期留学をするときには注意が必要です。1週間だとすぐに過ぎてしまいますし、3ヶ月であれば英語に慣れてくる時期です。3ヶ月でもちゃんとした英語力がつくようなポイントがあります。まず、日本でできることは日本でやっておきましょう。例えば文法の勉強やリーディングの勉強です。それらはセブ島でなくても勉強できるので、参考書を買ったり英語ができる知り合いに教えてもらったりするようにします。
セブ島ではマンツーマンを採用している学校が多いです。マンツーマンだとしっかり勉強することができますし、会話の量がグループよりも多くなります。ただ、始めの頃は口数が少なくなることがあるので、いくつか使えるフレーズを知っておくといいです。例えば、「質問していいですか」や「どういう意味ですか」というのは授業中によく使うフレーズだと思います。あまり英語が上手くないからといって話さないのはいけません。英語だけでなく外国語を習得するためにはやはり口に出す量が大事になります。なので、片言でもいいのでセブ島留学をしたときは積極的に話すようにしましょう。間違っていても大丈夫ですし、ほとんどの人が間違えます。自分だけが間違えていると思わなくなれば、多少気が楽になり会話する量が増えるはずです。覚えたいフレーズがある場合は手に書いたりスマートフォンの待ち受け画面にしたりすると目に付く機会が増えるので、覚えやすくなります。覚えたいフレーズや使いたいフレーズがあるのなら何度も見るようにするといいです。